読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームは三日で80時間

ゲームのプレイ日記みたいなもの。無料のダウンロードゲームかブラウザゲームを中心にやります。

艦これ 16年冬イベント 掘り編

……

…………

………………

 

掘りしんどい!

 

まずE2の丙と乙を交互にリセットしながら掘りをする。

次に攻略後にE2甲を下ルートやるも苦戦したので上ルートにする。

こちらも苦戦しバケツ消費が著しいのでE3輸送掘りする。

60回以上し何か虚しくなる←イマココ

 

沖波掘りがここまでしんどいとは。

掘りは3桁周回とかいうけど合計すれば3桁周回はとっくに超えてるんだよなぁ。

 

 

まあ愚痴はおいといてとりあえずE2・E3の長所短所をあげよう。

 

長所

E2:丙乙なら上ルートで支援無しでも装備・練度が高ければ道中撤退率が少なく、ボスもS勝利できる。

 

E3:輸送ルートだと甲でも全体の被弾量は少なくバケツ消費は連合の割に少ない。

甲でも支援無しで昼戦だけでもボスSが狙える。

駆逐艦の育成が併用できる。

 

 

短所

E2:甲だと上ルートは決戦支援が無いとS勝利が辛い。

下ルートだと撤退数が増える。

 

E3:司令部施設が無いと1隻だけの大破艦が出やすく道中撤退が多い。

また潜水艦の雷撃というどうしようもない大破理由が出てくる。

 

 

まあ一長一短だな。

ここからは挑んだ編成の説明partなので興味無い人はここでブラウザバックすることを推奨。

 

 

 

 

64回ほどやってみたのでこれから挑む人の参考程度に。

難易度甲
編成(初月・秋月以外は改造・近代化改修済み)
第一:初月(or秋月)・扶桑・山城・適当な駆逐3(Lv70代)
第二:阿武隈・利根・三隅・潮・叢雲・Z1

装備
扶桑・山城:主砲2・瑞雲12型・徹甲弾
駆逐:初月と1隻は対空カットイン。Z1は対潜ガン積み。残りは主砲2ソナー
阿武隈:魚雷2甲標的
利根・三隅:主砲2・瑞雲六三四・電探


結果
撤退:33回(1戦目3回、2戦目16回、3戦目1回、4戦目13回)
ボスS勝利:29回(つまりA勝利2回)



初月と秋月(2隻目)がLv1からなので旗艦に据えてます。(育成目的)
その影響で司令部施設が使えず撤退数が増えた形です。
2隻以上大破したのが5回だけだったので司令部施設があれば到達数は各段に上がります。
少なくとも4戦目撤退のうち10回は1隻のみ大破だったので司令部あれば確実に到達できました。


またボスについてですが、昼戦で倒せるケースが多いものの、夜戦にまでもつれこむケースも何度もありました。
作業しながらで結果しか見てないので詳細は分かりませんが交戦形態?(反航戦とか)の影響と思います。
夜戦にもつれ込んだ場合、対潜ガン積みだと望みが薄いので連撃(orカットイン)装備にするか対潜ソナーを重視するか悩ましいところ。

瑞雲系の装備で制空値を取ってるので弾着観測などで昼戦で駆逐棲姫を落とすのは容易だが随伴艦にかばわれないようにしないといけない。(頑張れ、第二艦隊)

 


2戦目大破の半分以上が雷撃戦による影響なので軽い道中支援を入れたり第二艦隊だけでもキラを付けるのもアリだと思います。


同じ内容にしても装備改修度合いや乱数などで変化するのであくまで参考程度に見てください。

 

 

それではまた別の記事でバイバイ($・・)/~~~